「弥一そば」「弥一うどん」について

弥一そば・弥一うどんは神奈川県ブランドの里芋「開成弥一芋」をスライスして天日で干して製粉し、国産の蕎麦粉と小麦粉、丹沢山系のきれいな水と合わせて、老舗の製麺所で作っていただいている商品です。

 

里芋のぬめりや香りが絶妙な喉越しや風味となり、とても美味しい一品となりました。

 

開成町の認定をいただいているブランド商品となっており、神奈川県内のイオン20数店舗の他、小田急線 新松田駅前にある、まちの駅あしがらなどで販売をしております。

弥一そば(調理例)農園の野菜のかき揚げのせ

弥一うどん(調理例)農園の山菜のせ


また、期間中20万人がいらっしゃる「開成町あじさいまつり」では、サテライト会場である町の文化財「瀬戸屋敷」のかまどにて「弥一そば」「弥一うどん」を調理し、お召し上がりいただけるようにしております。

この機会に是非、風情のあるお屋敷でお召し上がりください。

写真はおつゆの味見をしているところです。このように目の前でかまどで調理いたします。囲炉裏を囲んでお食事をすることができますし、奥にはお座敷もございます。また、お庭にもテーブルがありますので、外に持って行って、立派な茅葺のお屋敷を眺めながらお召し上がりいただくことも可能です。

弥一そばの「蕎麦寿司」もご用意しております。こちらはお醤油と山葵でお召し上がりいただけます。

夏季には流しそうめんならぬ「流しそば」も実施。

こちらも大変ご好評をいただいております。

 

2019年は、瀬戸屋敷の他、横浜、葉山で開催しました。

 

また、実行委員を務めている「あしがら花火大会・開成町納涼まつり」や「開成阿波踊り」での出店におきましては「揚げそば」をご提供し、こちらも大変ご好評いただいております。

 

こういった情報は農園のfacebookページにてお知らせいたします。(https://www.facebook.com/thewildfarm

いいねをしてチェックしていただけたらと思います。

 

現在、出店や催しを共に盛り上げてくれるスタッフを募集しております。詳しくはこちらをご覧ください。